OCS CITY ROCK GYM
シティーロックジム CITY ROCK GYM
ホールド 壁 ホールド 壁 ホールド 壁
壁 ホールド 壁 ホールド 壁 ホールド
英語サイト オーシーエス ロゴ
利用方法 料金システム アクセス スクール 新着情報 ミニコンペ 株式会社オーシーエス Home SiteMap


● 大阪店 ラジオ取材 ●
2007/3/20(火) MBSラジオ1179『亀山つとむのサタスポ』の取材がありました
放送日は2007/3/24 土曜日 夜6:00〜7:30です。

『亀山つとむのサタスポ』
伊藤広アナウンサー
クライミングを体験して、スタジオの方でレポートを話すという形です。
伊藤広アナウンサーは新人さんで、
『伊藤広のスポーツは広し!』というコーナーで様々なスポーツを体験されています。
番組は残念ながら3/24の放送で最終回です。『最後を飾るのにふさわしい体験になった』とのことでした。
クライミングで『人生』を感じて貰えたようです。

放送されました。お聞きになったでしょうか?
新人アナウンサーさんが成長する為に、『登らなくてはいけない山、越えなくてはいけない壁がある』という事で、
ロッククライミングに挑戦という紹介でした。
放送中の気になった表現の補足説明をしておきます。
『コンクリートで出来た岩場』という表現でしたが、恐らく、当ジムの壁の表面が、
サンドブラスト加工してあるのを表現されたのだと思うのですが、実際はコンパネです。
室内の広さの表現ですが、10mとか20mとか説明していましたが、垂壁の横移動距離がそのぐらいです。
ジムの広さは、垂壁の奥にもう1部屋続いていますので、もう少し広いです。高さは4〜5mぐらいです。
ホールドは石膏ではできていません。プラスチック樹脂です。
登る前にルートを確認してどうやって登るか考える事はオブザベーションといいます。(オブザーブと紹介されていました)
ロープを使ったクライミングで、終了点まで行ったときに言うのは『テンション(張力)』(ロープを張ってください)です。
アテンション(注意)と紹介されていました。意味が違うので誤解されないようにお願いします。
表現がちょっと違うかなと思ったのはこのぐらいでした。
登り方のレポートでは、ひじを曲げて登ると力が入るので、腕を伸ばすことや、
安定したホールドでレストをすることなど、細かく紹介していました。
クライミングのイメージで、『手で登るというイメージでしたが、足が大事』と思ったそうです。
体験した当日は、腕がパンパンになって、シャツのボタンをはずすのもきついぐらいだったそうです。
目標が、10mの外壁のルートを登ることにして、かなり頑張って登りました。
先輩のニュース23に出ている三澤キャスターが、クライミングをされていて
『しんどくてしかたないとき諦めずに手を出す』『苦しいときでも諦めずに次の1手を出す』
という話を聞いていて、頑張って登れたそうです。
おわりのない・果てしない壁を越える体験をして、達成感を味わって下さいというメッセージでした。

『亀山つとむのサタスポ』
登る前にサインをもらってます。
登った後ではサインが書けない事があるので…
『亀山つとむのサタスポ』
まずは、室内トレーニング
『亀山つとむのサタスポ』
ハーネスをつけて、
上にも登ります。
いろいろスポーツをしているようで、なかなか上手です。
『亀山つとむのサタスポ』
いよいよ外です。
『亀山つとむのサタスポ』
光がさして
カッコイイ絵になりました。
『亀山つとむのサタスポ』
結構、サマになってます。
『亀山つとむのサタスポ』
黄緑ルートを魂のクライミングで
登りきりました。
クタクタです。
『亀山つとむのサタスポ』
腕がパンパンです。
『亀山つとむのサタスポ』
水色に挑戦しましたが、
登れませんでした。

以前、ラジオ『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』の生中継でいらっしゃった上田たかゆきアナウンサーは
伊藤アナの先輩だそうです。伊藤アナは高校野球のラジオ放送も担当するそうです。(大会3日目?)頑張って下さい!

さあ、ラジオを聞いたみなさん、今度は自分で体験してみませんか!
初心者の為のレッスン1

← 戻る

〒532-0021 大阪府大阪市淀川区田川北2-3-35 TEL:06-6306-0914 FAX:06-6306-0943 株式会社オーシーエス e-mail:ocsocs@dream.com

Copyright(C) 2007- OCS CO.,LTD All Rights Reserved

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO